バレエ作品紹介【眠れる森の美女】−2:バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

スポンサードリンク





スポンサードリンク

バレエ作品紹介【眠れる森の美女】−2

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

前回(1)のときにも書きましたが、上演時間の長い作品ですが、素晴らしく華やかなのもこの作品の特徴です。

バレエ教室の発表会などで、これを全幕演じることは滅多にないと思われますが、もしあったとしたら衣装代など相当の出費を覚悟しないといけないかもしれませんね(^_^;)

主だったキャラクターとだけでも、オーロラ姫とデジレ王子をはじめ、リラの精など祝福を授ける妖精たち、悪の精カラボス、宝石の精たち、青い鳥とフロリナ王女、長靴をはいた猫、あかずきんちゃんと狼などなど・・・。

見所も非常にたくさんあるのですが、とりあえずは3つほど挙げておきたいと思います。

■第1幕:オーロラ姫が4人の王子に導かれるローズ・アダージオ(永遠に続くかと思われるアチチュード・バランスは見せ場であると同時に、スリリングさで観客もつかみます。)

■第3幕:フロリナ王女と青い鳥のパ・ド・ドゥ(なんといっても、青い鳥に扮する男性の踊りがインパクトが強いです。まさに超絶技巧であり、男性ダンサーの見せ場です。)

■第3幕:デジレ王子とオーロラ姫のパ・ド・ドゥ(長大な物語を締めくくるにふさわしい華やかさです。)


ローズ・アダージオについては、16歳という年齢を迎えた深窓の令嬢が大人の女性になっていくという華やぎやまた初々しさも感じられるような、内面からの踊りを要求されます。

素晴らしいダンサーによって、舞台上のその雰囲気にきっと酔いしれてしまうことでしょう。
このような内面からの感情表現をもバレエ教室では習っていくことになります。


posted by バレエ.net管理人 at 22:08 | バレエ作品
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。