バレエ作品:バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

スポンサードリンク





スポンサードリンク

バレエ作品紹介【ボレロ】

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

とりあえず、今回でバレエ作品の紹介は最後です。
まだまだ素晴らしい作品はありますが、絞った結果のことと思ってくださいね。

そして最後の作品として今回は「ボレロ」について書きたいと思います。

ラヴェル作曲のこの曲は、小太鼓ひとつのかすかな音から始まり、徐々に楽器が加わっていきます。
全く同じ3小説のリズムパターンが延々と繰り返されるのにも関わらず、巧みなオーケストレーションは聞くものを高揚へと導きます。

大きなテーブルの中心に立った「メロディ」役のダンサーの手首だけにわずかなスポットがあたります。
まるで生きているかのように煽動し続ける手首、しなやかな手の動き。

曲が高揚していくのにともなって、テーブルを囲んでいる群衆である「リズム」は次第にテーブルに近づき、メロディを渇望してテーブルを叩いたりししながらメロディを見つめ続けます。

舞台は異様な雰囲気に包まれますが、曲の終わりとともに崩れ落ちます。


「メロディ」役には男性がなることも女性がなることもありますが、演じるためにはベジャールの世界を完全に理解した素晴らしい資質が求められます。
そのため、ベジャールに演じることを認められたダンサーは、ほんの一握りです。

女性ではマイヤ・プリセツカヤやシルヴィ・ギエム、男性ではジョルジュ・ドンが有名です。
なかでもドンの長い手足を自在に使った表現力は、大変素晴らしく一目見たら忘れられないと思います。

バレエ教室の発表会などで、ラストに持ってくることもあるようですが、力量が問われる作品です。


posted by バレエ.net管理人 at 20:18 | バレエ作品

バレエ作品紹介【くるみ割り人形】−2

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

前回に続き「くるみ割り人形」についてみていきたいと思います。

「くるみ割り人形」の音楽は非常に有名ですので、バレエ教室に行ったことのないお父さんでもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。
バレエ音楽には、バレエの音楽だと認知されていなくても有名な音楽がたくさんあります。

また、バレエとして上演されなくなっていても音楽だけは残っていたりするものもあり、バレエ音楽には素晴らしいものがたくさんあります。
だからこそ、今日まで芸術として多くの人々に愛されてきたのだと思います。


それでは、今までの作品同様に、見所を挙げておきたいと思います。

■第2幕:金平糖の精と王子とのグラン・パ・ド・ドゥ

金平糖の精の踊りに、「チェレスタ」という特徴的な楽器が使われています。
この楽器の音によって、金平糖の精の様子がよく表されていると思います。
このパ・ド・ドゥは本当に美しいものとなって表現されています。


また、この他にもロシア・アラビア・中国など、それぞれの特徴をあらわした民族調の音楽が使われており、衣装とあいまって独特の雰囲気を出しています。

そしてなんといっても、「花のワルツ」があります。
この曲は有名ですね。

バーミンガムロイヤルバレエのくるみ割り人形では、吉田都さんが金平糖の精で出演しているビデオがあります。
このビデオでは、テクニックをも美しい詩に変えてしまう素晴らしいグラン・パ・ド・ドゥを見ることができますよ。


posted by バレエ.net管理人 at 13:58 | バレエ作品

バレエ作品紹介【くるみ割り人形】−1

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

「白鳥の湖」「眠れる森の美女」とともに、チャイコフスキーの三大バレエ作品のひとつとして有名な「くるみ割り人形」。
中でも「くるみ割り人形」は、音楽的な評価が一番高い作品です。

クリスマスの風物詩としても愛されているこの作品ですが、上演頻度が高い割にはバレエとしてはなかなか高い評価を受けたことがありません。
そのため、いまや各バレエ団ごとに異なるプロダクションがあると言っても過言ではなく、それぞれに見応えがあります。

「くるみ割り人形」が上演されるクリスマス頃には、会場に多くのバレエ教室の子供たちが集まるという光景もよく見かけられます。


それでは、「くるみ割り人形」のあらすじを簡単に。

クリスマスにクララは、ドロッセルマイヤーおじさんからくるみ割り人形をもらいます。

その夜、寝付けないクララはくるみ割り人形のもとへ。
すると、不思議なことにクララは人形たちと同じ大きさになってしまいます。(ここの舞台転換は見事です!)

ねずみの大群に襲われますが、クララの助けでねずみの王様を倒すと、くるみ割り人形は王子へと変身します。

そして、2人は雪の世界へ。
その後、美しい大きながちょうに乗りクララは夢の世界へと舞い降ります。
そこのお城で歓迎の宴が催され、スペインやアラビア、中国の踊りが披露されます。
また侍女たちによる花のワルツも踊られます。
金平糖の精と王子が踊りますが、その後夢の世界は突然消えてしまいクララは全てが夢だったことを知ります。


クララは全編に出てくるものの見せ場は少ないです。
よってバレエ教室などでの配役は、金平糖の精に選ばれるほうが素晴らしいダンサーだということになります。



posted by バレエ.net管理人 at 21:38 | バレエ作品

バレエ作品紹介【眠れる森の美女】−2

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

前回(1)のときにも書きましたが、上演時間の長い作品ですが、素晴らしく華やかなのもこの作品の特徴です。

バレエ教室の発表会などで、これを全幕演じることは滅多にないと思われますが、もしあったとしたら衣装代など相当の出費を覚悟しないといけないかもしれませんね(^_^;)

主だったキャラクターとだけでも、オーロラ姫とデジレ王子をはじめ、リラの精など祝福を授ける妖精たち、悪の精カラボス、宝石の精たち、青い鳥とフロリナ王女、長靴をはいた猫、あかずきんちゃんと狼などなど・・・。

見所も非常にたくさんあるのですが、とりあえずは3つほど挙げておきたいと思います。

■第1幕:オーロラ姫が4人の王子に導かれるローズ・アダージオ(永遠に続くかと思われるアチチュード・バランスは見せ場であると同時に、スリリングさで観客もつかみます。)

■第3幕:フロリナ王女と青い鳥のパ・ド・ドゥ(なんといっても、青い鳥に扮する男性の踊りがインパクトが強いです。まさに超絶技巧であり、男性ダンサーの見せ場です。)

■第3幕:デジレ王子とオーロラ姫のパ・ド・ドゥ(長大な物語を締めくくるにふさわしい華やかさです。)


ローズ・アダージオについては、16歳という年齢を迎えた深窓の令嬢が大人の女性になっていくという華やぎやまた初々しさも感じられるような、内面からの踊りを要求されます。

素晴らしいダンサーによって、舞台上のその雰囲気にきっと酔いしれてしまうことでしょう。
このような内面からの感情表現をもバレエ教室では習っていくことになります。


posted by バレエ.net管理人 at 22:08 | バレエ作品

バレエ作品紹介【眠れる森の美女】−1

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

「眠れる森の美女」は、チャイコフスキーの最も成功したバレエ作品として、今日でも全幕で上演されることが多い作品です。

上演時間もチャイコフスキーの作品の中で最も長くなっています。
ですが、ただ長いだけでなく、それだけ内容がつまった作品となっています。

登場するキャラクターも多く、衣装も豪華なので、上演には多額の費用がかかるといわれています。
また、それだけの踊れるソリストをそろえる必要もあるので、バレエ団の力量がわかる作品でもあります。

バレエ教室などで、この作品を発表会用に用いるのならば、配役には困らないのではないでしょうか。
魅力的なキャラクターが多く、見所もたくさんありますからね。


■「眠れる森の美女」 あらすじ

オーロラ姫が誕生を祝い、盛大な宴が行われています。

妖精たちが祝うなか、招待されなかったことを怒った悪の精カラボスにより、姫は死の呪いにかけられてしまいます。
最後に残ったリラの精が、カラボスの死の呪いを100年の眠りに変える法を授けました。

そして、16歳の誕生日。
カラボスの予言どおりに姫は糸つむぎの針で指を刺して100年の眠りについてしまいます。
リラの精により、お城全体も100年の眠りにつくのでした。

100年後、リラの精に導かれたデジレ王子は姫に口づけをし、姫は眠りから覚めます。

結婚式では、金・銀・ダイヤモンド・サファイアなどの宝石の精や、長靴をはいた猫、青い鳥などの童話の登場人物たちが2人の幸せを願うのでした。


オーロラ姫をはじめ、悪の精カラボス、リラの精、青い鳥、宝石の精たちとキャラクターにはことかきません。
とても華やかなで見所満載のバレエ作品です。





posted by バレエ.net管理人 at 15:00 | バレエ作品

バレエ作品紹介【海賊】

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

この作品も全幕で上演されることは、あまりないバレエ作品です。
「白鳥の湖」なんかは各バレエ団もレパートリーとしていますが、この作品はほとんど全幕で上演されることがありません。

「ドン・キホーテ」のグラン・パ・ド・ドゥのように、第2幕のグラン・パ・ド・ドゥがガラやコンサート、またバレエ教室で習う以上は出場したいコンクールで上演されます。

それでは「海賊」のあらすじを簡単に。

■海賊 あらすじ

海賊の首領コンラッドは、奴隷市場で売られそうになっていた美しいギリシア娘のメドーラを助けて、隠れ家である洞窟に連れていきます。

そこでは開放された喜びの宴が催されますが、仲間が同じく連れて来られていた奴隷商人のランケデムにそそのかされてコンラッドは眠らされてしまいます。
その隙にメドーラ達は再び奴隷商人の手に落ちてしまいます。

メドーラは先に売られてしまった友人のギュリナーラと再開しますが、そこはお金持ちのハーレム。

コンラッドは再び救出に現れ、ハーレムの女性を全員解放します。
そして船で脱出するのですが・・・・。


見所としては

第1幕:ランケデムとギュリナーラの「奴隷のパ・ド・ドゥ」
第2幕:コンラッド、メドーラ、アリの3人が踊るグラン・パ・ド・トロワ(ガラなどではグラン・パ・ド・ドゥ)


男性のヴァリアシオンについては素晴らしいの一言です。
男性の身体の躍動美をこれほどみせつけられるのはこの「海賊」ならでは、と言えでしょう。

男の子でバレエ教室に通うのは少数かもしれませんが、この演目が演じられるようになれば素晴らしいと思います。


posted by バレエ.net管理人 at 11:18 | バレエ作品

バレエ作品紹介【ドン・キホーテ】−2

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】
---------------------------------------------------

「ドン・キホーテ」の魅力は、何といっても見ていて楽しいことだと思います。
「白鳥の湖」や「ジゼル」などの悲劇的な雰囲気は全然なく、全編に渡って明るい雰囲気となっています。

ですので個人的にも、ぜひこの作品は全編を通してみていただきたいと思います。

バレエ教室の発表会で、「白鳥の湖」の全幕は見たことがありますが、「ドン・キホーテ」は見たことがない・・・ので、ぜひやって欲しいと思います。

衣装もキトリはスペインの街娘らしく可愛らしいものですし、それだけではなくドルシネア姫の場面ではバレエ教室に通う女性が憧れる「お姫様」の衣装もとても見事です。
もちろん、男性も「添え物」的な存在などではなく、たっぷりと見せ場があります。


それでは、見所を少し挙げておきますね。

■第4幕:キトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥ

この他にもドルシネア姫や妖精の第2幕などもあるのですが、圧倒的にこれだと思われます。
コンクールやガラなどでも上演されることが多く、これを公演のトリに持ってくるということも結構多いようです。

全編に渡り、バランスやリフトの高い技術を要する「パ」の連続で、息をつく暇もありません。
結婚式の場での踊りですし、祝祭的で非常に華やかです。

男性の力強い跳躍や回転なども、「海賊」(こちらも今度紹介したいと思います。)と並んで堪能できるパ・ド・ドゥです。

なかでもひときわ目を引くのがキトリのヴァリアシオンだと思いますが、扇を使ったこの踊りは配役があるとバレエ教室でも取り合いなのではないでしょうか。

キトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥは第1幕にもありますが、単独で上演されることが多いのはやはり第4幕のものです。


posted by バレエ.net管理人 at 22:13 | バレエ作品

バレエ作品紹介【ドン・キホーテ】−1

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】
---------------------------------------------------

この作品も、「私もバレエを習いたい!」と思わせるほど憧れるバレエ作品の一つだと思われます。

原作はセルバンテスの小説ですが、バレエでは物語のほんの一部しか使用していません。

また、名曲といわれるバレエ音楽は、世に数多くありますが、この作品の音楽はなかなかCDショップなどにはないのが現状ではないでしょうか。
もちろん、教室にはありますが(^^)

また、作品のタイトルにもなっているのに、「ドン・キホーテ」はほとんど踊らないという珍しい作品でもあります。

バレエ作品では、神話や妖精などをモチーフにした作品が結構ありますが、この作品は原作がスペインの作家ということもあって、多分に人間的です。
そして、スペインの情緒あふれる物語となっています。


では、「ドン・キホーテ」のあらすじを簡単に紹介したいと思います。

ラ・マンチャに住むドン・キホーテは、騎士物語を読んで物語の世界に入り込んでしまいます。
自分のことを騎士だと思い込み、お供を連れ、ロバに乗ってドルシネア姫を探す旅へとでます。

一方バルセロナでは、娘キトリが恋人バジルとの仲を父親によって引き裂かれようとしています。
そこへドン・キホーテがやってきて、勘違いの連続で広場は騒然となってしまいます。
キトリとバジルは逃げ出します。

勘違いから風車に突進し、失神してしまったドン・キホーテ。
彼は夢の中でドルシネア姫(キトリの二役)と妖精たちと幻想的な時間を過ごします。

舞台は再び広場に戻り、結婚を認めてくれないキトリの父に対して、バジルは狂言自殺をはかり、見事結婚を許されます。

キトリとバジルの結婚式が盛大に行われ、ドン・キホーテは失意のうちに旅立ちます。


バレエ作品としたはめずらしく、コミカルなところも見所の一つです。




posted by バレエ.net管理人 at 23:13 | バレエ作品

バレエ作品紹介【白鳥の湖】−2

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】
---------------------------------------------------

前回では、あらすじを簡単すぎるほど簡単に述べましたが、「白鳥の湖」には様々なバージョンがありますので、作品によっては変わることも頭に入れておいてくださいね。

「白鳥の湖」には、バレエの楽しみがありったけ詰め込まれていると思います。
音楽よし、振り付けよし、純情極まりない(ちょっと直情的すぎますが・・・)恋愛譚もまたよし。

お城に代表される現実的な世界と湖で繰り広げられる幻想的な世界。
白鳥の白一色で構成されるコールドバレエ(群舞)とお城での豊かな色彩で繰り広げられる民族舞踊。
そして、白鳥であるオデットと黒鳥であるオディールとの対比。
何度見ても飽きがこない素晴らしい作品です。

見所としては
●第2幕:4羽の白鳥の踊り
     王子とオデットのグラン・アダージオ(2人の愛の高まりを描くゆっくりとした踊り)

●第3幕:ハンガリーの民族舞踊(チャルダッシュ)
     オディールのパ・ト・ドゥ(コーダでの32回転は圧巻です!)

●第4幕:終曲

まだまだありますが、とりあえず以上だけを挙げておきます。

バレエ教室の発表会などでも、4羽の白鳥の踊りなどはよく見られますね。
4羽が動きがそろってこその美しさなので、教室でのレッスンは厳しいものになると思います。

個人的に大好きなのが、やはり素人目線になるかもしれませんが「黒鳥のパ・ド・ドゥ」です。

ダブルやトリプルなどを加えて超絶テクニックで魅せるダンサーも素晴らしいですし、シンプルな回転でも正確無比の踊りで魅せるダンサーも素晴らしい。
ここは女性のテクニックの進化を感じさせる一場面となります。


posted by バレエ.net管理人 at 22:01 | バレエ作品

バレエ作品紹介【白鳥の湖】

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】
---------------------------------------------------

以前にも書きましたが、バレエには「台詞」というものがありません。
そのため、何も知らずに初めてバレエを見に行くと、物語についていけないことがよくあります。
もちろん、余計なことを考えずにバレエという芸術を「感じて」もらうこともよいことですが、作品のあらすじだけでも知っておいたほうがより楽しめると思います。

そこで、バレエ教室でも習うであろう主なバレエ作品をいくつか挙げて、あらすじや見所を簡単にい説明していきたいと思います。

今回は、「白鳥の湖」です。


■白鳥の湖

チャイコフスキー作曲によるバレエ音楽。

少女オデットは、悪魔のロットバルトに魔法をかけられて白鳥へと姿を変えられてしまう。
その魔法を解くためには、永遠の愛を誓ってもらうことが必要だった。

一方、王子ジークフリートは、母から翌日のパーティーで花嫁を選ぶように強制され、失意の中、白鳥がいる湖へと向かう。

多くの白鳥のなかに、1羽ひときわ美しい白鳥の姿が。
その白鳥達は夜になるとオデットと侍女たちに姿を変える。王子はその姿を木陰から見てしまいます。
彼女たちは夜だけは人間の姿に戻れるのです。
オデットに心を奪われた王子は、翌日のパーティーにオデットを誘いました。

翌日の誕生パーティーでは、多くの人たちが王子を祝福します。
最後にロットバルトの策で、オデットそっくりに姿を変えたロットバルトの娘であるオディール(オデットの二役)が登場。
オデットだと思いこんでしまった王子は、オディールに永遠の愛を誓ってしまいます。
その瞬間、ロットバルトは正体を現し、お城を混乱に陥れ去っていきます。

騙されたことを知った王子はオデットのいる湖へと向かいます。
そして、そこで2人は永遠の愛を誓いますが、時はすでに遅く2人は嘆きあいます。
そこへロットバルトが再び登場し、王子は闘います。
王子はロットバルトを倒しますが、呪いはとけず、2人は湖に身を投げてしまいます。
(※呪いが解けたハッピーエンド版もあります。)



posted by バレエ.net管理人 at 20:38 | バレエ作品
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。