バレエ音楽:バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

スポンサードリンク





スポンサードリンク

「バレエ」と「音楽」

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

タイトルでは、「バレエ」と「音楽」と、区切ってしまいましたが、この二つは切っても切り離せない存在です。

本当なら「バレエ音楽」というべきものなのですが、今回は両方の関係について書いていこうと思い、あえて分けさせていただきました。

バレエに音楽は不可欠なものです。ですが、意外とこのことは広く知られていません。(もちろんダンサーなどは別ですが。)
クラッシック音楽愛好家という方はたくさんいますが、バレエ音楽を「音楽」としては好んでいても、実際に生で「バレエ」を見ようとは思わないようです。

バレエの世界においての「音楽」の評価は、一般的に低いとみてもよさそうですね。
予算の問題などもあるのかもしれませんが、バレエの上演の際にテープ演奏などで済ませることもあります。
「生演奏」でないバレエ作品の鑑賞は、気のぬけたビールみたいなものなんですけどね。

また、有名なバレエ音楽だった場合でも、それが今日では、上演されること滅多にがなくなってしまい、音楽だけが世の中に知られていることもあります。
ストラヴィンスキーの「火の鳥」やハチャトウリャンの「ガイーヌ」などが、その例として挙げられるでしょう。

それとは逆に、有名なバレエ音楽であったとしても、クラッシック音楽の世界では無名の音楽もあります。
「ドンキホーテ」や「ジゼル」などは、CDショップに並んでいることはあまりないでしょう。

バレエ教室でのレッスンの際には、音楽を流して、その音楽を自分で感じながら演じることを要求されることと思います。
教室の中には音楽が流れ、自然と体がリズム感を感じられるようになるでしょう。

バレエ音楽には、本当に素晴らしい作品が数多くあります。
ですので、様々なものを集めてみるのもいいですよね。
さらに他のクラッシック音楽などにも興味が持てるようになれば、世界も広がると思いますよ。



posted by バレエ.net管理人 at 20:35 | バレエ音楽

バレエ音楽の巨匠「チャイコフスキー」

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】


やはり「バレエ音楽の巨匠」と言うと「チャイコフスキー」の名が挙げられると思います。

「チャイコフスキー」以前のバレエ音楽家たちは、振付家の指示によって作曲をしていくのが普通でした。バレエ音楽「専門」の作曲家だったというわけです。
言わば音楽は「バレエの添え物」だったわけですね。

チャイコフスキーは、自身の最初のバレエ音楽である「白鳥の湖」の作曲の際に、添え物としての音楽ではなく、音楽が音楽であることをしっかりと主張するような作曲をしたのです。
まだこの当時では、「作曲家」と「振付家」がの立場が対等ではなかったわけですから、当時としては革新的なことなのです。
もちろん、「白鳥の湖」も振り付けや演出などによって部分的にカットされたりすることもあるのですが。

これらの作曲により、「チャイコフスキー」の名は、世間に知れ渡るようになります。
そして「眠れる森の美女」の作曲のときには、「作曲家チャイコフスキー」として、振付家と同等であったのです。

チャイコフスキーは、早すぎる死を迎えたわけですが、今でもバレエでは、演出によって音楽の切り貼りは行われています。
ですので、彼の作品は今現在もなお、生き続けていると言ってもよいのではないでしょうか。

チャイコフスキーの三大バレエ作品とは、「白鳥の湖」・「眠れる森の美女」・「くるみ割り人形」の三作品になります。
言うまでもないことですが、どの作品も有名なものですよね。
バレエ教室の発表会なんかでも、お馴染みの作品です。

これから教室でレッスンを続けることによって、「白鳥の湖」のあの音楽が聴こえてきたら自然に体が動きだしてしまう。
そんな風になっていくといいですよね。



posted by バレエ.net管理人 at 11:20 | バレエ音楽

「バレエ」と「音楽」

バレエ教室/バレエ用品/バレエコンクール 【バレエ.net】

「バレエ」と「音楽」
-------------------

タイトルでは、「バレエ」と「音楽」と、区切ってしまいましたが、この二つは切っても切り離せない存在です。

本当なら「バレエ音楽」というべきものなのですが、今回は両方の関係について書いていこうと思い、あえて分けさせていただきました。

バレエに音楽は不可欠なものです。ですが、意外とこのことは広く知られていません。(もちろんダンサーなどは別ですが。)
クラッシック音楽愛好家という方はたくさんいますが、バレエ音楽を「音楽」としては好んでいても、実際に生で「バレエ」を見ようとは思わないようです。

バレエの世界においての「音楽」の評価は、一般的に低いとみてもよさそうですね。
予算の問題などもあるのかもしれませんが、バレエの上演の際にテープ演奏などで済ませることもあります。
「生演奏」でないバレエ作品の鑑賞は、気のぬけたビールみたいなものなんですけどね。

また、有名なバレエ音楽だった場合でも、それが今日では、上演されること滅多にがなくなってしまい、音楽だけが世の中に知られていることもあります。
ストラヴィンスキーの「火の鳥」やハチャトウリャンの「ガイーヌ」などが、その例として挙げられるでしょう。

それとは逆に、有名なバレエ音楽であったとしても、クラッシック音楽の世界では無名の音楽もあります。
「ドンキホーテ」や「ジゼル」などは、CDショップに並んでいることはあまりないでしょう。

バレエ教室でのレッスンの際には、音楽を流して、その音楽を自分で感じながら演じることを要求されることと思います。
教室の中には音楽が流れ、自然と体がリズム感を感じられるようになるでしょう。

バレエ音楽には、本当に素晴らしい作品が数多くあります。
ですので、様々なものを集めてみるのもいいですよね。
さらに他のクラッシック音楽などにも興味が持てるようになれば、世界も広がると思いますよ。


posted by バレエ.net管理人 at 21:44 | バレエ音楽
スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。